170519 荷物を準備するためホテルに戻る

私は何かの競走に出場していた。それに出場するために、N先輩に茶色い水玉のオーバーパンツ、オレンジスカート、ゴールテープを借りていた。「オレンジスカート」の「オレンジ」は、色ではなく果物の方を表していた。N先輩は金持ちで、何でも持っているようだった。

皆でご飯を食べに行った。しかし、私はまだホテルを出発する準備を整えられていなかったので、食事の最中にレストランを抜け出してホテルに戻った。更に、今日中に貸した物をある程度返してほしいとN先輩から言われていたので、その準備もしなければならなかった。旅行に行くといつもお母さんに「荷物纏めるの遅い」と怒られるので、今回はちゃんとしなければと思っていた。

リュックに荷物を詰めていると、袋に入ったクラッカー系のお菓子がたくさんあることに気づいた。しかも、どれも食べかけで封をしてあり、何で一つの袋を完食してから次の袋に手をつけなかったんだろうと思った。

レストランに戻ると、男子が紙芝居を使ってプレゼンみたいなことをしていた。私は質問することを求められたが食べ物で口がパンパンだったので何も言えなかった。ジェスチャーで喋れないことを伝えて誤魔化すと、皆は笑って済ませてくれた。

Yくんの紙芝居では、漢字が円状に並べてあって、済んだ文字にチェックをつけていっていた。「渋」という漢字を偏と旁でバラバラにチェックしていたので小さい声で指摘したが、聞こえていないようだった。しかし次に別の文字で同じことをしようとしたとき、Mちゃんがちゃんと指摘していた。

お母さんが308という番号の講義について話していた。8がつくのならコンピュータサイエンス関係の講義のような気がして、もしかしたらAndrew先生の講義かもしれないと思った(このとき現実でもCourseraでAndrew先生のMachine Learningのコースを受講していた)。お母さんは「通信関係の講義かも」と言っていた。