161230 温泉の中で子どもたちが殺される

私は、エレベーターと階段の両方がある建物にいた。その最下階の中央には温泉の四角い湯船がある。一つ上の階の中央は吹き抜けになっていたので、その階からは湯船を見ることができた。建物は全体的に薄暗かった。

建物内を適当に移動していると、湯船に子どもたちが呼び出されているのが見えた。呼び出しているのは若い痩せ型の男だということしかわからなかった。男と子どもたちは四角い湯舟の壁際に並んで内側を向いて座っていた。私は、これは何か怪しいと思い、子どもたちの座っている位置と名前をメモした。子どもたちとは交流があったので、子どもが苦手な私も、ある程度彼らの名前を覚えていた。

スマホで録画しようかとも考えたが、それは後でもできるだろうと思い、しないことにした。男は何度も別の子どもたちの集団を呼び出していたので、撮る機会ならまだまだあるように思えたからだ。

この光景を目撃したことを知られるのは怖かったので、私はエレベーターと階段を使い分けながら誰にも見つからないように上の階に上がっていった。どちらを使っていたら人に見つかるかなどはわからず、完全に自分の勘で進んでいたので、ずっと緊張は収まらなかった。

しばらくして、温泉の中で子どもたちが殺害されたと発表された。殺されたのは、数人だけだそうだ。私は、ちゃんと証拠映像を撮っておけばよかったと悔やんだ。

私は結局警察にメモを見せることすらしなかったので、皆は、温泉に行ったのは殺された子どもたち数人だけだと思ったままだった。