180919教師が腫瘍のある髄膜を煮込む

Nさん(インターンシップでお世話になった社員さん)と話す機会があったが、普段とどこか雰囲気が違って異様に落ち着いていて、逆に胸騒ぎがした。


私は一人で交差点近くの歩道を歩いていた。天候は荒れていて、信号待ちをしているピザ配達の小型バイクなどが次々となぎ倒されるほどだった。歩行者に「バイク倒れてるぞ」と指摘された運転手は、自分が運転している以外のバイク(信号にはなぜか無人のバイクも並んでいた)も立て直していて、危なっかしく見えた。

私が右側の歩道を歩いていると、信号を挟んだ向かいの歩道から、警察のような男性が仲間に「すぐ来て!早く!」と切羽詰まって叫んでいるのが聞こえた。何か尋常ではないことが起こっているようで、不安が掻き立てられた。警察はその場では具体的に何が起こっているのか言わなかったが、後で、あの騒ぎの原因はNさんが全身縛られた状態で道路で発見されたことだと知った。このとき私はまだ、Nさんは不運にも何かの事件に巻き込まれてしまったのだろうと思っていた。

何日かして、Nさんがものすごい状態で亡くなったと知らされた。誰かに恨まれて殺されてしまったのかと心配したが、そうではなかった。聞いた話では、Nさんにはどこかに腫瘍があって、自身でも死期を悟っていたので、普段はできないようないろいろなことを試していたらしい。身体を縛って道路に放り出したのもその一環だったようだ。こういった行為が自発的なものだったと知って、少し安堵した。


うちのおじいちゃんの家に外国人の英語教師が訪問することになっていたが、急にキャンセルされた。理由は、その教師が自分の髄膜を煮込んでしまったかららしい。髄膜には腫瘍があったが、手術などが面倒だったので煮込んだのだという。このことについておばあちゃんと話したが、心配する私に対しておばあちゃんはだいぶ楽観的だった。

Nさんと英語教師には、師弟関係のような繋がりがあった。

180208 最期の依頼を受けるという仕事

私は、もうすぐ亡くなる人々の最期の頼みを聞くという仕事をしていた。

死ぬ直前のSちゃんがやってきた。彼女は、先輩の卒業式か何かに出席する予定らしく、その舞台から見られても恥ずかしくないように服を整えてほしい、と依頼してきた。依頼が完了した後、彼女は亡くなった。私はSちゃんは自然死したと思っていたのだが、実は親との問題で自殺したようなものだったと後から聞かされた。普通に明るく振る舞っていた彼女が、実はそんな事情を抱えていたのかと思うと切なくなった。

次にやってきたのはRだった。死因は、Rの彼女(現実での現彼女であるYではない)が彼に負担をかけすぎたことだという。彼は「もう多分死ぬわ」と言って、最後にネクタイを整えてほしいと言った。そのネクタイは、ただの正方形の布から形を作らなければならないものだった。本来は針と糸を使って縫うのが一番良いのだが、Rは途中で「横になっていい?」と言って机に伏せたりしてしんどそうだったし、タイムリミットが迫っているのが感じられたので、私は布をセロテープで固定して形を整えるだけにした。

Rは父親の話をして、少し咳をして、それから静かに死んだ。

自然に目が覚めて、私は起きてからもしばらく泣いていた。

180207 アメリカで日本人用の脱出ゲーム

アメリカと思われるところで、ディズニーか何かが主催する脱出ゲームが行われた。日本人用のイベントなので、インストラクションなどは全て日本語で話される。ゲームの舞台はロシアで、ゲーム内で使われるのはロシア語を日本語に翻訳した言葉だった。

私は私の両親とRと一緒にいたが、Rは「子ども用だからつまらなそうだし参加しない」と言ったので、私の家族のみで参加することにした。受付では小柄な老女に列に割り込まれたが、面倒なので何も注意しなかった。

初めに待合室のような場所で射撃練習があると知らされたが、実際には行われなかった。その代わりに、一人一枚カードを取って何かを記入しなければならなかった。カードはアルミカップのように重ねられていた。上の方のものは内側に入り込んでいて細くなりすぎているし、下の方のものは開きすぎて折り目が薄くなっているので、真ん中の方にあるカードを取った。

ゲームが始まった。ゲームはVRの中で行われているのだが、グラフィックがすごくリアルで綺麗だった。

船の横を通りかかると、優作が船に乗っているのが見えた。伏線かもしれないと思い、記憶しておいた。船の中にいる他の人たちも、何となく意味深な行動をしているようだった。

そこらじゅうに細々としたアイテムが転がっているので、それらをどんどん拾っていく。しかし、しばらく経ってもそれらの使いどころがなく、またアイテム同士の繋がりもよくわからなくて、少し苛々した。

乗船すると、感じられる船の揺れ方が本物のようで、少し感動した。

船の中で鍵を見つけた。ゲーム内のチームである家族に鍵のことを興奮気味に伝えながら、私は今までチーム内でほとんど情報共有をしていなかったことに気づいた。前に参加した脱出ゲーム(現実に冬休みに参加したEscape Room LAのこと)でスタッフの人が情報共有の重要さを強調していたのに忘れていたことを反省した。

その後、射撃された。射撃の音は大きくてわかりやすかった。弾は黄色っぽくて細長い形をしていた。初めはお父さんに庇われながら闇雲に逃げたが、それでは追い詰められる一方なので、私は一か八かで相手を殴りにかかった。何回も殴り、気絶させることに成功した。

少しすると、今度はお父さんの子どもだと名乗る男性(20歳くらい)が出てきて、お父さんに縋りついて泣いていた。感動的なシーンだったが、男は感情が昂りすぎて吐いていたので、それは聞きたくなくて耳を塞いだ。

170621ヤマザキのパンをサブスクライブ

今日は9:30に起床、9:45までに着替えて、10:00までに朝食を終えてすぐに家を出なければならなかった。着る服を決めようとクローゼットを眺めていると、なくしたはずのグレーの薄い上着が見つかった。フリースを着ようと思って、お母さんに「今日寒いよな?」と尋ねると、そうでもないと言われた。

うちの家がヤマザキのパンをサブスクライブしているのではないかと気になっていた。サブスクライブすると、月額いくらかを払えば毎朝パンを届けてもらえる。パンの裏を見てみると、「全日のうちミニつぶあんぱんが支給される日が特に多くございます」という注意書きがあったので、やっぱりサブスクライブしているんだと確信を持った。

お母さんがパンのポイントシールを集めているようなので、サブスクリプションで手に入る分も含めているのか聞いてみた。すると、キッチンの大きな引き出しから数枚のシールの台紙を見せられた。どの台紙にもかなりシールが貯まっている。そのうちの3枚目にサブスクリプションから得られるシールを貼っているらしい。

お母さんは朝ごはんとしてラーメンのようなものを作ってくれていた。意外と時間に余裕があって安心した。

170519 荷物を準備するためホテルに戻る

私は何かの競走に出場していた。それに出場するために、N先輩に茶色い水玉のオーバーパンツ、オレンジスカート、ゴールテープを借りていた。「オレンジスカート」の「オレンジ」は、色ではなく果物の方を表していた。N先輩は金持ちで、何でも持っているようだった。

皆でご飯を食べに行った。しかし、私はまだホテルを出発する準備を整えられていなかったので、食事の最中にレストランを抜け出してホテルに戻った。更に、今日中に貸した物をある程度返してほしいとN先輩から言われていたので、その準備もしなければならなかった。旅行に行くといつもお母さんに「荷物纏めるの遅い」と怒られるので、今回はちゃんとしなければと思っていた。

リュックに荷物を詰めていると、袋に入ったクラッカー系のお菓子がたくさんあることに気づいた。しかも、どれも食べかけで封をしてあり、何で一つの袋を完食してから次の袋に手をつけなかったんだろうと思った。

レストランに戻ると、男子が紙芝居を使ってプレゼンみたいなことをしていた。私は質問することを求められたが食べ物で口がパンパンだったので何も言えなかった。ジェスチャーで喋れないことを伝えて誤魔化すと、皆は笑って済ませてくれた。

Yくんの紙芝居では、漢字が円状に並べてあって、済んだ文字にチェックをつけていっていた。「渋」という漢字を偏と旁でバラバラにチェックしていたので小さい声で指摘したが、聞こえていないようだった。しかし次に別の文字で同じことをしようとしたとき、Mちゃんがちゃんと指摘していた。

お母さんが308という番号の講義について話していた。8がつくのならコンピュータサイエンス関係の講義のような気がして、もしかしたらAndrew先生の講義かもしれないと思った(このとき現実でもCourseraでAndrew先生のMachine Learningのコースを受講していた)。お母さんは「通信関係の講義かも」と言っていた。

170515 縞鋼板製溝蓋の名前を聞かれる

「道路脇の溝に被せてある鉄板の名前を答えよ」というクイズを先生に出された(現実では「縞鋼板製溝蓋」という名前らしい)。Aちゃんと答えを相談したのだが、私の意見は「おたがい」でAちゃんの意見は「おあがり」だった。たぶんどちらも私の地元の方言で、その中でも地域によって少し違いがあったのだと思う。しかし、私は「おたがい」の方が「おあがり」よりも一般的に使われているという自信があったため、譲らなかった。

私たちは二人で声を合わせて「おたがい」と答えた。先生は正解だと言い、驚いたように「免許持ってんの?」と聞いてきた。車の免許を持っている人くらいしかこの名前を知らないらしい。

「おたがい」の上で事故を起こせば一発で「じゅんぺい」になると教えられた。「じゅんぺい」とは免停より重い措置だったが、免取と同じ意味だったかどうかはわからない。

170323 機内で骨盤を締め付けられて死ぬ

飛行機の機内のような場所で実写版名探偵コナンの撮影が行われていた。私は服部平次役としてその中にいた。

赤井は「所作が雑だ」と言われており、複数の動作を一気に行っていたので確かに動きが雑に見えた。それに対して安室は、完全に立ち上がってから動き出すなどしていたので所作が綺麗だった。

博士が「リーダブルコードじゃぞ」と言うと、女の子のうちの誰かが「それ何?」と尋ねていた。

平次と和葉だけ最後のシーンの撮影があるので、一番前の二つセットの席に移動しなければならなかった。その二つの席はパスコードを打ち込まなければ使えない。左の席と右の席でパスコードの長さが異なり、左の方が少なくて済む。和葉がまだ来ていなかったので、私は左側に座らせてもらうことにした。

しばらくしても右に和葉が来ないので、おかしいと思って振り向こうとした。しかし、座席に押さえつけられて動けない。そのままでいると、ベルトがどんどん骨盤を締め付けてきた。後ろに座っている他のキャストも同じ目に遭っているようだった。とても痛くて、最後の方の記憶はあまりないが、最終的には死んだのだと思う。